DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2018年02月06日

かわいそうなウノくん

手術から2週間目の1/24、ウノの抜糸が済み、晴れてエリザベスカラーも卒業!

これで怪我については一安心。
まだ足を引きずる様子もありますが、まあ日常生活には問題ないでしょう。

目下の問題は先住3匹との確執。

先住3匹がなかなかウノを受け入れてくれません

ふとしたきっかけからカンクロウと睨み合いに
IMG_1111.JPG

お外で活動していた経験があるウノはケンカ慣れしているのかと思いきや
IMG_1112.JPG
ちょっと腰が引け気味

と思っているうちに
IMG_1113.JPG
アッ 気迫で負けた

ウノくん意気消沈
IMG_1110.JPG
・・・・・・

そしてまたあくる日も

また睨み合いが始まった!
IMG_1116.JPG

あぁ またウノくんが目を逸らし
IMG_1117.JPG

そ〜っとその場を去って行く
IMG_1118.JPG

IMG_1120.JPG

また意気消沈
IMG_1114.JPG
・・・・・・・
ウノくんは足がまだ本調子でないこともあり分が悪い

先住3匹に、なにかにつけ「シャーッ!」と怒られ・・・

夜、ボクが帰宅すると真っ先に飛んできて、それからはボクのかたわらにベッタリ。
居心地が悪くて落ち着かないのだろうね。

かわいそうだからなんとかしてあげたいのだが・・・・
どうしたものだろう・・・・
またお店に戻すかどうか思案中

2018年01月25日

エリザベスカラーの変遷

ウノくん、手術1週間後、病院で包帯を外してもらいました

1/12に退院した時からエリザベスカラーを着けられていたのですが
私、ひそかに「こんなのどうしても着けなきゃいけないのかな〜」と
疑問に思っておりました。

診察した看護師さんは私の心を見透かしたように
「包帯が取れると傷口を舐めて糸を切ってしまうネコがいますからエリザベスカラーは外さないで下さいね」

糸が切れて傷口が開いたら大変だ。

病院で着けてくれたエリザベスカラーはこんなやつ
IMG_1076.JPG

固めのプラスチックなので、歩くとあちこちにぶつかるし、寝るのも難儀そう

そこで、もう少し柔らかい材質はないのかとネットで調べてみると

ダイソーで売ってるシャンプーハット
index.jpg

これを少し切り詰めてウノの首に合わせた「おとうさん特製」エリザベスカラーがこれだ
IMG_1082.JPG

IMG_1084.JPG
これは柔らかくて良い感じなのだが、素人工作の悲しさ

一晩でぶっこわれました・・・

そこで急遽Amazonで取り寄せてみたのが
布製のエリザベスカラー
IMG_1108.JPG

これだとゆっくり寝られるようで、よかったなぁ〜
IMG_1102.JPG
と思ってるうちに

柔らすぎて
IMG_1094.JPG
こんなんなっちゃって・・・

しまいには、「よだれかけ」というか「付け襟」というか
IMG_1093.JPG

これはいったい役に立っているのかどうか・・・

【追記】
布製エリザベスカラーの名誉のために言い添えますが
お腹など胴体の傷には十分有効だと思います。

2018年01月23日

ウノくん大怪我を負う その3

というわけで・・・

自宅マンションにやってきたウノくん
IMG_1052.JPG
ここはどこ?

先住ネコたちは早速動揺

だれアイツ?
IMG_1050.JPG

IMG_1056.JPG
物陰からかわるがわる顔を出してコッソリ(笑)

仲良くしてくれるといいのだが・・・

ウノくん、意を決し、足を引きずりながら中へズンズン
IMG_1062.JPG

キャ〜! 入ってきたゾ
IMG_1067.JPG

鼻をツンツンはネコの挨拶
こんにちは
IMG_1070.JPG
カンクロウ 少し腰が引けてます(笑)

こんにちは
IMG_1074.JPG
トノキ家の女王・タビちゃんは堂々たる貫禄で謁見

おお、案ずるより産むが易し。問題ないじゃん
と思った次の瞬間

シャーッ!!!

衝突しました・・・

でも、とにかく今はウノくんの養生が第一。
IMG_1076.JPG
先住ネコたちには我慢してもらうしかありません。

あれ?! そういえばメイちゃんは?
IMG_1078.JPG
ネコ要塞に籠城中
ぜったいに降りないもん!

2018年01月22日

ウノくん大怪我を負う その2

IMG_2793.JPG
骨が折れているかも 大変だ。。。

急いで近くの動物病院へ。
事情を話すとすぐにレントゲン画像を撮る。
CR1.JPG
やはり足の骨がポッキリと折れ、折れた骨が肉に突き刺さっている。

こんな状態で一晩どこかに隠れていたのだ。
かわいそうに。。。。 痛かったろう。

よく頑張って帰ってきてくれたね。

獣医の先生によると、猫の完全骨折の処置は案外難しい。
骨が刺さっているので感染症も心配だ。
動物専門の整形外科病院を紹介するので、そちらで手術を受ける方が良い−と。

その日は痛み止めと感染防止の抗生物質を処置してもらい、いったん帰宅した。
ウノはウツラウツラ眠ったり患部を舐めたりしてうずくまっていた。
IMG_1973.JPG

小太郎よ。ウノを守っておくれ。
IMG_1611-3.jpg

翌1月10日、朝いちばんで紹介された専門病院へ。
専門医の先生はレントゲン画像を見ながら、
この骨折の修復はそれほど難しくない。感染症には細心の注意を払う必要があるが、それさえクリアすればすぐに良くなるでしょう
と請け合って下さる。

そして、その日の内に手術。

うまくいきました。しばらく入院させます−と連絡がある。

ひと安心

翌11日の夜、病院から電話がある。
ウノくん、ご飯をいっさい食べないそうだ。
内弁慶のウノのことだからなぁ・・・ 知らない場所で緊張しまくっているのだろう。
「これでは体力が回復しないので、早いですが明日退院させます」。

というわけで、12日、ウノくんはエリザベスカラー&包帯ぐるぐる巻きで帰ってきた。
自分のウチでリラックスしたみたいで、ゴハンをムシャムシャ食べる。
安心した。
IMG_1077.JPG

しかし、いろいろ危険な物が多いお店には置いておけない。
自宅マンションに移すことにする。
タビちゃん・カンクロウ・メイちゃんの先住3匹はどういう反応を示すだろうな。
(つづく)

2018年01月21日

ウノくん大怪我を負う その1

1/8 朝、出勤するとウノがいない。
朝からお散歩に出ているのは珍しいことではないので気にも留めなかったが・・・
DSC04225.JPG

お昼過ぎにはお腹を空かせて帰ってくるのが普通。
でも戻らない。
この日、東京は午後から本降りの雨となる。

だんだん心配になってくる。
雨でどこかに足止めされているのかも知れない。
その日は結局戻らない。

翌朝、「いい加減戻っているだろう」と思って出勤したが、期待は裏切られる。

これはマズい

ウノの行動範囲はだいたいわかっているつもりなので、念入りに探し回る。
通行人に怪訝な顔をされながら道路脇の植え込みの中などをひとつひとつ調べて回る。

いない・・・

悪い想像が次々と湧いてくる。

と、午後3時頃、ドアの外で、か細いウノの声が聞こえた。

あ〜良かった!帰ってきた!

でも、歩き方がおかしい。抱き上げてみると右の後ろ足がブラブラ。

骨が折れているみたい・・・

DSC04256.JPG
(つづく)

2018年01月05日

今年もよろしくおねがいします

あけましておめでとうございます。

今年はヴェネチアより初日の出の様子をお届けします。
IMG_1027.JPG

ウソです。
(そんなん誰もだまされないか・・・)

例年のごとく、近所の川土手の上から見た初日の出でした・・・
IMG_1038.JPG

おとうさん、オヤジ特有のつまらない自己満足ネタ、やめなよ〜
IMG_1046.JPG

スマン

さてさて
ここ数年、月に数回の細々とした更新が続いていますが、それでも、今年の10月で「氷川書房日記:ねこと古本とバイオリン」も丸8年!

「もうやめるかな〜」と思うこともあるのです。
でも、やめてしまうと、かつてこのブログに登場し、今は亡きネコたち、あるいは行方の知れないネコたちの記憶も消えていってしまいそうで・・・

なので
今年もゆる〜く続けていきたいと思います。
暇なときはのぞきにきてみてくださいね!

2017年12月28日

よいお年を!

今年いちねん氷川書房をお引き立ていただき、ありがとうございました。

今日の東京は冷え切って風が強く、空気が澄んだのでしょうか、暮れる寸前の空の青がとても美しかったので一枚撮ってみました。

うまく撮れたかな
DSC04298.JPG

むかし読んだ魯迅の短編で、暮れる寸前の空を「銀色の空」と表現していたのを思い出しました。
いい表現ですよね〜

それではみなさまよいお年をお迎え下さい。
Powered by さくらのブログ