DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2014年10月08日

なにもしてあげられなかった・・・その1

DSC02516.JPG
ボクの不注意から、メイちゃんが行方不明になってしまった。

9/10の夜、何の用事か忘れたが玄関のドアを開けた。
こんなとき、タビちゃんやカンクロウは玄関先まで出てしまうことがよくあるのだが、メイちゃんは怖がりで、一歩も外に出ないのが普通だった。

その夜も、タビちゃんとカンクロウが室内に戻っているのを確認してドアを閉めた。
そして寝た。

メイちゃんが外に出てしまっているのに気が付いたのは翌朝だった。

そんなに遠くに行っていないはずだ。
9/11の夜、一階下のお宅のメーターボックスに隠れているのを発見。
ところがボクは慌てて平常心を失っていた。
その場で素手で捕まえようとして、不安でパニックになっているメイちゃんをさらに怖がらせてしまった・・・

結果、取り逃がし・・・ 行く先を見失い・・・

運の悪いことに、我がマンションは10年に一度の大規模修繕工事中で、足場が組まれている。
もし足場に飛び乗ってしまったら、どこへ行ってしまうかわからない。

でも、ほぼ確実にマンション内にいるはずだ。
翌日から捜索をはじめる。
この時点では、わりと楽観的な予想をしていた。
マンション内にポスターを貼らしてもらい、修繕工事の責任者の方にも御協力を御願いし、さらに普段は個人が本来は入れないエリア(機械室のような)にも特別に立ち入らせてもらう。

だが見つからない。
1週間を過ぎて、だんだん気持ちが落ち込んでいく。
(つづく)
Powered by さくらのブログ