DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2011年10月06日

うつくしい音楽! 29

知ってる人は知っている、知らない人は知らない−あたりまえか・・・
ジャズを聴く人なら知っているでしょうが、
ジャンゴ・ラインハルトという天才ジャズギタリストがいました。
戦前のヨーロッパに現れたジャズジャイアンツの一人です。

そのジャンゴと組んで仕事をしていたステファン・グラッペリというジャズバイオリニスト、ボクの御贔屓です。

この人の最盛期は戦前のパリ。
いかにも30年代のパリという感じがたまりません。
いまの感覚だと「ジャズ」というのかどうなのか。
「うつくしい」という表現は適当ではないけれど、まぁとにかくシャレている。

いま、こういうヴァイオリンって聴けるのだろうか?
葉加瀬太郎さん? ウーン・・・

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48346177
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ