DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2012年04月02日

うつくしい音楽! 30

2/27に紹介したマーラーの映画にも出てきた交響曲4番の3楽章。

この曲と、まいどおなじみ5番のアダージェット、そして3番の6楽章(2011/4/22に取り上げました)あたり、ボクみたいな初心者にもわかりやすい「マーラーの美しい音楽ベスト3」じゃないでしょーか?

マーラーファンの方には怒られそうですがね!

この4番3楽章は特にお気に入りでして。
春爛漫、桜の季節にぴったりな感じがする。
ボク、毎年この季節になると、なぜか悲しいというか、孤独感というか
(いや、1年中そうなんですけど、この季節、特にね)
ことばで上手く表現できないんですけど、
自分が死んで、魂が、新緑萌える山々の峰を越え、ユラユラと空に昇っていく−みたいな情景が頭から離れないのです。
この曲、その感じにピッタリくる。
ちょっぴり涙が出てきてしまう。

ブルーノ・ワルターいわく
交響曲第4番は「天上の愛を夢見る牧歌である」ってわけでして・・・
あながち見当はずれでもないんですよ。

ふつうは心ウキウキ浮き立つ季節なんでしょうけど。
ボクはすこしおかしいんですかね?
おかしいんでしょうなぁ〜


さて−
以前は全然聴かなかったマーラー、最近ちょくちょく聴いてます。
理由はいたって非音楽的なこと。
ipodで音楽を聴くことが多いからです。

マーラーって音量のレンジが広いんでしょうかね?
普通のオーディオセットで聴いていると、弱音部がよく聞こえない。
(うちは幹線道路沿いだから)
それで音量を上げる。
すると強奏部でどえらい音量になり、あわててボリュームを絞る。
(うちは集合住宅だから)

これってボクだけなんでしょうか?

だからipodのほうが聴きやすいんですよ。
みなさんそんなことありませんか??

おととしipod-nano(4×4cmのちっちゃいやつ)と
お値段高めのイヤホン買いまして、それ以来、音楽聴くのはipodばっかです。
手軽ですもんね。

マーラー 交響曲第4番 第3楽章:静かに、少しゆるやかに。ト長調
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54621205
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ