DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2012年06月11日

うつくしい音楽! 31

奥様が音楽家の同業者に聞いたのですが、
音大の入試では必ず2つの楽器
−専攻のほかにもうひとつということですが−
を水準以上に演奏しなければならないとか。

バイオリンとピアノ とか
フルートとハープ とか(そんな人いねえか)。

そうか・・・。
じゃあ
バイオリンとヴィオラってのはダメですかね?
Viola.jpg

ボクが大学を受ける頃は「共通一次試験」ってのがあって、「5教科7科目」必修の時代。
国公立行きたいやつは全員、理科と社会を2科目ずつ受けなければならない。
理科には「物理」「化学」「生物」「地学」の4科目があって、
ボクのような理科系ダメダメなヤツは「生物」と「地学」。
いっぽう、社会が苦手な理系の連中は「公民」と「地理B」を取るのです。
まあ、ズルイ組み合わせなんです。。。 後に禁止になったはず。

「バイオリンとヴィオラ」って、そんな感じかしら?

華やかなバイオリンに対して
ほんと地味なイメージのヴィオラ。

ヴィオラリサイタルってのも多くはないし、
オーケストラでは内声部を受け持って、
ボクら素人には何やってるんだかわからない(ヴィオラ奏者の方ごめんなさい!)

「サザエさん」の「かおりちゃん」と「早川さん」みたいなもんですかね?
ぜんぜん違うか。。。


でも、「ヴィオラが好き!」って方もいるんですよね・・・

このブログにも書きましたけれど、
ボクも、おととしヴィオラの演奏会に行きまして、
バイオリンとそっくりな外観、そっくりな奏法でありながら、
単なる「音程の低いバイオリン」あるいは「音程の高いチェロ」ではなく、
いぶし銀のようなしぶい音色に、
「あ〜、ヴィオラっていいなぁ〜」と。

バイオリンの先生にうかがうと
「バイオリンが弾ければヴィオラも弾けるわよ」
ということなので、いつの日か弾いてみたい。

でも、ボクはやっぱりツンと澄ましかえったバイオリンの音のほうが好きかな?

バイオリンとヴィオラの曲とくれば、モーツァルトの「協奏交響曲」。
めちゃめちゃ有名ですね。
下の動画はヴェンゲーロフとバシュメットの巨匠そろい踏みですけど、
この二つの楽器の音色の違いがよくわかります。

モーツァルト ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲 変ホ長調 K.364 第2楽章


ヴィオラの話題、次回につづきます。
この記事へのコメント
マエストロ氷川 様

ヴィオラ大好きです。
まずは神田古書会館でのマエストロ氷川によるヴァイオリン独奏会が聴きたいです。
難曲だと思いますがバッハの無伴奏ヴァイオリン・ソナタかパルティータが聴きたいです。

猫の小太郎くんを触ってみたいです。
Posted by 市川BACH at 2012年06月13日 13:40
これはこれは!

ボクの演奏会は高いですよ!

小太郎を触るのは無料ですので、今度お店に遊びに来てください。
もっとも、最近小太郎は忙しいようで留守がちです。
Posted by hikawashobo at 2012年06月14日 11:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56239622
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ