DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2012年07月17日

メイちゃんの試練 その2

手術当日。
またまた早朝から幽閉されているメイちゃん。
きょうは麻酔をかけるので、朝ご飯抜き。
嘔吐物で窒息したりするからね。
IMG_0448.JPG

朝一番で病院入りし、病院のカゴに移された。
IMG_0450.JPG
ボクはここまでしか付き添えない。
恐怖で固まっているメイちゃんを残して引き揚げる。
「先生よろしくお願いします!」

メスネコの避妊手術には、大きく分けて2つの方法がある。
1つは卵巣のみを摘出する方法。
手術が簡単なのが利点。
もう1つは卵巣と子宮の全摘出。
今後のネコの健康などを考えるとこちらが望ましい。
ただし大きく切開する必要があるので、手術そのもののネコへの負担は、そのぶん大きくなる。

わが家のかかりつけの先生は「卵巣子宮摘出」が良い、というお考えだ。
ボクはもちろん、それに従う。

この日は病院に一泊。

翌朝いちばんで退院。
包帯姿で帰ってきたメイちゃん。
IMG_0461.JPGIMG_0476.JPG

かわいそうだけど、この包帯姿、ちょっとかわいらしい。

その日の夜、よほど意気消沈したのだろう、か細い声で鳴くメイちゃん


極度の緊張と恐怖から、丸一日は物陰に隠れていた。
翌日には、お腹が減ったのだろう、エサを食べに、そ〜っと姿をあらわす。

なんだ、けっこう元気じゃん!

元気を取り戻していくにしたがい、包帯がボロボロになって・・・
IMG_0490.JPG
なんだかヨダレ掛けみたいになっちゃった!

そして、化膿止めの薬を飲みつつ、手術から1週間ばかり。

(つづく)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56573115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
Powered by さくらのブログ