DSC02569.JPG古書店「氷川書房」と4匹のねこの日々

氷川書房ホームページ
氷川書房:この図録が面白い!


2018年01月05日

今年もよろしくおねがいします

あけましておめでとうございます。

今年はヴェネチアより初日の出の様子をお届けします。
IMG_1027.JPG

ウソです。
(そんなん誰もだまされないか・・・)

例年のごとく、近所の川土手の上から見た初日の出でした・・・
IMG_1038.JPG

おとうさん、オヤジ特有のつまらない自己満足ネタ、やめなよ〜
IMG_1046.JPG

スマン

さてさて
ここ数年、月に数回の細々とした更新が続いていますが、それでも、今年の10月で「氷川書房日記:ねこと古本とバイオリン」も丸8年!

「もうやめるかな〜」と思うこともあるのです。
でも、やめてしまうと、かつてこのブログに登場し、今は亡きネコたち、あるいは行方の知れないネコたちの記憶も消えていってしまいそうで・・・

なので
今年もゆる〜く続けていきたいと思います。
暇なときはのぞきにきてみてくださいね!

2017年12月28日

よいお年を!

今年いちねん氷川書房をお引き立ていただき、ありがとうございました。

今日の東京は冷え切って風が強く、空気が澄んだのでしょうか、暮れる寸前の空の青がとても美しかったので一枚撮ってみました。

うまく撮れたかな
DSC04298.JPG

むかし読んだ魯迅の短編で、暮れる寸前の空を「銀色の空」と表現していたのを思い出しました。
いい表現ですよね〜

それではみなさまよいお年をお迎え下さい。

2017年12月26日

クリスマスイブの怪

今年もよく咲いて私を楽しませてくれたベランダの花たち
DSC04203.JPG
DSC04204.JPG
DSC04202.JPG

11月初旬で花も終わりました。

ありがとう。ごくろうさま。

本来一年草だが、東京の気候だと春先に追肥してあげれば来年も楽しめるかも
ということで、ざっくりと切り戻して休眠状態に

ところが

12月25日の朝、見ると
IMG_1021.JPG
ない!

根こそぎ床に落っこちて散らばっている
IMG_1022.JPG

どういうこっちゃ?
24日の朝には異状なかったのに。
クリスマスイブの夜に何が???

強い風が吹いた記憶はない
仮に風が強かったなら、隣の鉢も同じようになるはずだが

IMG_1025.JPG
なんともない・・・・

君たち何かした?

DSC04196.JPG
しらな〜い

DSC04191.JPG
しらないよ〜

DSC04205.JPG
ごはんまだ〜?

まあ猫の手が届く範囲を明らかに超えているし・・・

鳥?

サンタクロースのいやがらせ?

謎だ。。。。

2017年09月17日

関ヶ原と石田正宗と刀剣女子

ねこの登場しない投稿は久しぶりです

先日、現在公開中の映画「関ヶ原」を見てきました。
ワタシ歴史オタクですからね。
DBmckGbUIAAOuPp.jpg
原田眞人監督、石田三成に岡田准一、徳川家康に役所広司。
他に平岳大、有村架純、東出昌大などなど

以前当ブログで紹介したリメイク版「日本のいちばん長い日」と同じ監督。
俳優さんも同じ人が多数。
セットをあまり使わず歴史的建造物でのロケを多用するところもよく似ている。
ただし、やむを得ないこととはいえ、お寺を武家屋敷に見立てて撮影しているので、歴史オタク的にはちょっと違和感が・・・

原作は司馬遼太郎の「関ヶ原」。

わりと原作に忠実な話運びですが、なんせブ厚い文庫本3冊になる小説を150分に詰め込むのですから、なかなか難しいことですよね。しかも合戦シーンに半分くらいの時間を割かないと面白くないですしね。

その割りには、たぶん有村架純チャンをクローズアップしなければならないからでしょう、原作ではそれほど登場しない女スパイ「初芽」(司馬の創作人物です)のシーンが相当の時間を占め、ますます話の展開がタイトで急激になってしまう。

でも合戦シーンは日本映画・テレビでは実に久々のスケールと迫力でした。
CGが発達してきたのもあるでしょうが、お金もかかっているはずです。
まあ「関ヶ原の合戦」の映画ですからそれだけで十分なのです。


さてさて

それから数日後、仕事で東京国立博物館に行く用事がありました。
普段なら上野など人が多くて嫌いなので用が済んだらすぐに帰ってしまうのですが、その日はなぜか、せっかく来たから常設展を見ていこうと思い立ち・・・

東博は特別展を見にくることはたびたびありますが、常設展示の本館に入るのは何十年ぶりではないかしら?
特別展を開催する平成館とは違い、戦前の重厚な内装がいいですよねぇ〜。
uid000067_201212182013524eabfe61.jpg
index.jpg

しかもさすが日本を代表する博物館。足利義政所蔵の茶碗とか、武野紹鷗作の茶杓に千宗易が筒を作り、さらに松平不昧公が箱書きした−とか、もうスゴイものが後から後から。

イヤ、やっぱスゴイわトーハクは。などとブツブツ言っていると、唐突にコレが出てきたのです。

あっ!!!
これが「石田正宗」か!


170915_195023.jpg170915_195039.jpg
石田三成が使っていた脇差しです。
そうか・・・東博に所蔵されていたのか・・・

1599年、三成が福島正則たちの襲撃を避けて伏見の徳川屋敷に逃げ込んだ事件は映画でも描かれていましたが、その後のエピソードはカットされていた。
事件の翌日、家康は息子の結城秀康に三成の護衛を任せます。
三成は別れ際、自分の差していた名脇差をお礼として結城秀康に贈った

その刀がいま目の前に!!!

あぁ・・・

感動のあまり動けず立ちつくしていたワタシ。

と・・・
ふと冷たい視線を感じて我にかえると
後ろにスマホを構えた若い女の子たちが立っていました。
ちょっとぉ このオヤジなにつったってんの!じゃぁ〜ま!(怒)的な空気感が・・・

あっ、これがウワサの刀剣女子か。。。

《ついでながら》
上の石田正宗の画像はワタシのガラケーのちゃっちいカメラで撮ったもの
もっとちゃんとした画像はないかとgoogle画像検索かけてみましたが、案外ないのですね。
しかも拵えの画像(左側のヤツね)はひとつも見つからなかった。
もちろん展示の拵えは石田三成の頃とは変わっているでしょうが・・・

2016年05月16日

二つの「日本のいちばん長い日」

TSUTAYAの会員証が期限切れになったので更新に行ったら、「どれでも1本無料でどうぞ」とゆーことで。

こんなときは、お金出してまで借りないのを選ぼう(なんという失礼な暴言・・・)と、ずいぶん悩んだ末に、借りたのがこれです。
ichiban2.jpg
「日本のいちばん長い日」
2015年 松竹作品 原田眞人監督

当店のブログをお読みくださる方ならご存知でしょうけれど、ポツダム宣言発表から宮城事件、そして玉音放送までの緊迫の日々を描いたノンフィクション風ドラマ。
原作は半藤一利で、最初に映画化されたのは1967年、岡本喜八監督がメガホンを取りました。
2015年版(以下原田版といいます)はリメイクです。

実は昨年の夏、戦後70周年ということで岡本版がテレビで放映されたのを録画したまま、見る機会なく放置していたのです。
それで、いい機会だから両方見比べてみよう ってなわけです。

こちらは岡本喜八版 東宝作品 1976年
ichiban1.jpg

【ストーリー】
上映時間は岡本版157分、原田版136分で、岡本版がちと長い。
ただ、時間配分はずいぶん違う。

岡本版は、7月26日、日本側がポツダム宣言を受信するところから始まり、8月14日、日本の敗北が最終決定される御前会議がまさに始まろうとするところで、はじめてタイトルバック「日本のいちばん長い日」がバーンっと出てくる。
images.jpgバーン!
ここまでで約30分。
長い「前ふり」だったのですね。

いっぽう原田版は昭和20年4月の鈴木貫太郎内閣誕生から始まり、順を追って進んでいく。8月14日午前の御前会議までで約1時間強。

つまり、「日本のいちばん長い日」とは昭和20年8月14日昼ごろから15日正午のことであるとすれば、岡本版は約2時間をここに費やし、原田版は1時間ということになる。

岡本版はタイトル通り「日本のいちばん長い」1日にフォーカスした作品。

いっぽう原田版は8月15日に至るまでの背景や人間関係を追うほうに重きを置いている感じですね。
そうしないと21世紀の観客には解りづらいからでしょうね。
その分、岡本版に出てくる3つのエピソード、すなわち、厚木基地の不穏な動き、もはや敗戦が決定しているのを知らされずに次々に出撃していく特攻隊、鈴木首相襲撃を企てる佐々木武雄大尉、はカットされました。
佐々木大尉のエピソードだけは松山ケンイチ出演でちょっぴり出てきましたが・・・

佐々木大尉に半ば強制されて襲撃に加わる勤労動員の学生の尻ポケットから岩波文庫がチラッとのぞくカット、まさに代表作「肉弾」に通じる"岡本ワールド"がちょっぴり顔を出したワンシーンでした。

【女性】
岡本版は、女優と言えば、鈴木首相の女中役の新珠三千代たった1人だけ。それも10秒ぐらい。
原田版は、阿南陸軍大臣の家族役、陸相官邸の女中さん役、東京放送局員役など、ずいぶん女優さんが出てくる。
まあ、このへんは「時代」でしょうね。

【ロケ地】
これは、撮影年代が50年ぐらい違うのでやむをえないことですが、私は岡本版の圧勝だと思いました。
index3.jpg
岡本版では、重要な舞台である陸軍省(市ヶ谷の自衛隊)、首相官邸、近衛師団司令部(東京国立近代美術館工芸館)、東部軍司令部(第一生命ビル)、これみんなホンモノでロケしています。首相官邸の内部はセットだと思いますけど、記者会見場など一部ホンモノも使っていたような気もします。
ホンモノの陸軍大臣室も何度も登場しますけど、この映画の数年後に、この場所で三島由紀夫が割腹自殺するわけですねぇ・・・。

上に挙げた舞台は、現在では元のカタチで残っていないわけですから、使えないのは仕方のないことです。
それでも、原田版も、ほぼ全編歴史的建造物でのロケで、重厚な雰囲気を出して、頑張っています。
が、やっぱりホンモノにはかないませんね・・・。
陸軍省に見立てた兵庫県庁は、どちらかというと三宅坂時代の陸軍省のイメージですよね。
images2.jpg兵庫県庁

あと、お寺を陸相官邸に見立てて撮影していましたけれど、どうも違和感がありました。
なにか根拠があるんでしょうかね?

【天皇】
岡本版の昭和天皇は松本幸四郎("王様のレストラン"の幸四郎のお父さん)が演じていますが、昔の映画にありがちな演出で、後ろ姿とか、手元のアップとか、そんなんばっかでほとんど出てきません。
原田版では本木雅弘。
images4.jpg
登場回数もセリフも多い。存在感出しまくりです。
私の知る限りでは、ほとんどのセリフは史料に則っていて、創作はないように思えました。
しかし、モックンは上手いですね。あの、ところどころで声が裏返る昭和天皇独特の話し方をよく再現していました。

【黒沢少佐と松坂少佐】
主役級の登場人物、反乱事件を企てる畑中健二少佐。
岡本版では黒沢年男、原田版では松坂桃李でした。

images6.jpg
目ん玉ひんむいて絶叫する黒沢少佐も、エキセントリックさが出ててよかったけれど、ただのイケメン俳優と侮っていた松坂少佐もよかったです。
はじめは好青年風で登場しますが、中盤、徹底抗戦を叫ぶ畑中に、阿南陸軍大臣が「もはや御聖断は下ったっ!」と引導を渡すと額に血管浮き立たせて半狂乱となる。
index5.jpg
このシーンを境に狂気が前面に出た演技となり、顔色も変えずに近衛師団長を射殺、「おまえ何するんだ!」と咎める仲間たちに「いや、だって、時間がなかったから」とシラっと言う場面、なんか現代のサイコ犯みたいで迫力ありました。
images10.jpg

【名場面】
「日本のいちばん長い日」で私のいちばん好きなシーン

ポツダム宣言受諾の手続きがすべて終了し、官邸の一室で休憩する鈴木首相。

そこに阿南陸軍大臣が訪ねてくる。
自分は陸軍を代表する立場上、首相を困らせるような発言もずいぶんしたが、悪意があったわけではないのでお許しください。

そして、葉巻の箱を取り出して
「これは前線部隊が送ってくれたものですが、自分は嗜みませんので、総理に」と差し出し、一礼して出て行く。

その後ろ姿を見送った鈴木首相はポツリと
「阿南君はいとまごいに来てくれたんだね・・・」

阿南陸相は、すでに自殺を決意しており、鈴木にはそのことがわかっていた。

このシーン、新旧両版ともに登場します。
岡本版の鈴木貫太郎は笠智衆、原田版は山崎努

まあ、この手のシーンだったら笠智衆最強でしょう。
images9.jpg
阿南君は、いとまごいに来てくれたんだね・・・
原節子を嫁に出す父親みたいに静かにしみじみ

【季節感】
なんせ真夏の話ですから、暑いはずなんです。
岡本版では登場人物みな顔に汗を浮き出させ、奔走する軍人たちは軍服の背中をグッショリと汗で濡らしています。扇風機も回っている。
これに対して、原田版に季節感をあまり感じないのは私だけでしょうか。
まあ、何か意図があってのことなのでしょうが・・・

2015年04月16日

春の京都 お庭ひとりじめの巻

なっ、なんと、京都に行ってきました。
全国の古本屋の組合の総会が京都で開かれたのです。
私は東京組合の役員と全国の役員を兼任しているので、交通費組合持ちで京都へ!

初日は丸一日お仕事、一泊して翌日は自由です。
ホントは一日京都観光したかったのですが、ビンボー暇なしのワタシ。
二日も休むと家賃が払えなくなる!!

ので、午前中だけ観光に充てることにしました。
朝一番で宿を飛び出し、以前から言ってみたかった修学院離宮方面へ。
もちろん修学院離宮はフラリと行っても入れません。
今日は曼殊院と詩仙堂だけ見ることにします。

曼殊院
150416_090040.jpg
なんだか時代劇に出てきそうな
150416_090935.jpg

朝一番で飛び込んだので、だれもいなくて

このお庭ひとりじめ!
150416_093140.jpg
昔は門跡座主さまの居間だったと思われる座敷に座ってボンヤリと過ごしました。

聞こえるのは鳥のさえずりとせせらぎの音だけ。

いや〜 え〜ですなぁ

続いて詩仙堂へ
150416_102534.jpg
どうです? 暗い座敷から見ると絵みたいでしょう?
150416_103348.jpg
仕事なのでカメラは持って行かなかった。
スマホはもとからない。なので上のはガラケーのカメラで撮った画像です。
イマイチなので詩仙堂さんのHPから借用↓
8F918940_89C401.jpg

ここもワタシひとり。
石川丈山が座ったであろう座敷から、ゆったりとお庭を眺めてきました。

春の風に心地よく吹かれ、ときおり響く"ししおどし"

いや〜 きてよかった〜

お昼前には新幹線に飛び乗りましたが
いやはや、春の京都のプチ観光満喫でした。
やっぱり京都はえぇですなぁ〜

2014年10月18日

思い立ったら土浦

メイちゃんがいなくなってから、1人のときは気分が落ち込みがち。

そして気が付けば秋本番。
10月18日、東京はよく晴れ、暑くもなく(いや、暑いか)寒くもなく。
ふと、どこかへ行ってみたくなった。

子供の頃から歴史オタク。
歴史学者を夢見た時期もあったっけ。
(なろうと思えばなれたのだが。なんでならなかったのかな。まあ、古本屋になったから、いっか!)

歴史少年が必ず通る道は「お城」です。
お城好きは意外に多い。
テレビを見ていたら、ロンドンハーツの淳が、お城の結構高度な知識を披露していて、へぇ、と思ったことがある。

朝、ふと思い立った。

そうだ、土浦に行こう。

お城といえば「櫓」。
関東地方では、江戸城を別として、櫓が現存しているのは、土浦城だけ。
(笠間城の櫓も現存しているが、移築・改造されている。高崎城の櫓も移築復元である)
以前から行ってみたいと思いつつ、なまじっか近いばかりに、チャンスがなかった。

で、氷川書房のルーティーンワークを終えると、一路土浦へ。

氷川書房を出てから1時間。
土浦駅に降り立つ。近いなぁ〜
IMG_1486.JPG

おりしも昼どき。

腹が減って死にそうだ・・・

というわけで、目に入ったこちらのお店で天丼をいただきました。
IMG_1488.JPG
孤独のグルメごっこをしつつ。
そうきたか!?
軽いコロモでおいしかったですよ!

お店を出て、昭和な商店街を進んでいくと
(しかし土曜だってのに人がいないね)
IMG_1489.JPG

突然に城下町らしい町並が!
IMG_1490.JPGIMG_1491.JPG
テンションがあがる。

やがて裁判所など官庁街に入る。官庁街といばお城の匂いプンプン

そして唐突に
IMG_1493.JPG
おぉ! 突如姿をあらわした「東櫓」(本物ではなく復元したもの)
堀と土塁のうえに4間×5間の中規模櫓。迫力あるなぁ〜。

あ〜、お城だぁ。来て良かった・・・
石垣がなく、土塁の上に直接櫓が乗っているのが関東の城らしさ満載でまたイイ。

そして
IMG_1495.JPG
写真で何度もみたことのある櫓門。別名太鼓櫓(本物)
こぶりだけど武骨な感じがいい!
IMG_1496.JPG

この門をくぐると本丸。
本丸は御殿こそなくなったけれど、この櫓門と裏門、2つの櫓、そして土塁が残り、ほぼ完璧な保存状態といってよいのではないでしょうか。

櫓門は内側から見ると、小屋組みの上に漆喰塗に瓦葺きの2階が乗っかり、結構不安定な印象
IMG_1499.JPG

櫓門の左右には鉄砲狭間を切った漆喰壁が付属(復元)
IMG_1500.JPG

そして、さきほどの東櫓。内側から。
IMG_1497.JPG

内部を見学できます。
古写真をもとに、江戸時代の工法で復元した。
IMG_1498.JPG

もうひとつの「西櫓」(本物。ただし一度解体されている)
IMG_1502.JPG

西櫓は少し小さい3間×4間。内部は非公開。
IMG_1508.JPG

せっかくなので、二の丸にある土浦市立博物館を見学して
IMG_1506.JPG

お城を少し離れると
藩校の門が現存
IMG_1510.JPG

内側から
IMG_1511.JPG

周囲を少しブラブラ。
こんな素敵な教会を発見
IMG_1512.JPGIMG_1514.JPG

最後はお城の前のこちらのパン屋さんで自家製クッキーを買ってベンチでひとやすみ。
IMG_1516.JPG
おいしかったです。

というわけで半日の土浦歴史散歩。
土浦の駅からは霞ヶ浦が見え、この町が霞ヶ浦の港町としても栄えたことを思い出し、列車の窓から間近に見える筑波山から幕末の歴史に思いを馳せ。

いやはや、土浦良かったです。
では。
Powered by さくらのブログ